農協職員の悩み

共済の契約が取れない農協職員(LA)必見!【初級編①】

2018年12月12日

共済の契約が取れない農協職員(LA)必見!【初級編①】

こんにちは、元農協職員の鈴木です。

LA経験3年の間に県表彰を受賞しています。

「共済の契約が取れない!推進の方法などについて知りたい!」

というご質問をよくいただくので、【LA初級編①】としてお話ししていきたいと思います。

農協職員(LA)必見の内容です。

初級編①と②に分けてお話します!今回は初級編①です。

「初級編②はこちら」

「中級編はこちら」

共済の契約が取れない農協職員(LA)必見!【初級編①】の内容

共済の契約が取れない農協職員(LA)必見!【初級編①】の内容

まずは初級編からということで、すぐにでも使える推進方法を紹介したいと思います。

初級編②よりも、さらに初級という内容になっていますので、とくに難しいものはないと思います。

もう一歩踏み込んだ内容は初級編②をご参考ください。

実際に僕が使っていたテクニック等を紹介します。

初級編①(本記事)

  • 全戸訪問で圧倒的に量をこなして慣れる
  • ポケットティッシュが一番の必携
  • 玄関先で人知れず頭を下げる

ちなみに、初級編②(別記事)の内容は以下です。

  • 紙とペンで説明を可視化する
  • 分からないことは答えないことがチャンスになる
  • デメリットをあえて話す。順番はメリット→デメリット→メリット。
  • 覚えるなら医療共済

初級編①について、詳細を説明していきます!

全戸訪問で圧倒的に量をこなして慣れる

全戸訪問で圧倒的に量をこなして慣れる

まずはこれです!

とにかく農家に合わなければ何もはじまりません。ただ根性論や精神論を語るつもりは全くありません。

「何をしたらいいか分からない」「共済のことも分からない」それでOKです。そんな状態で良いので、とにかく農家をすべて回りましょう。

そう言うと「何か聞かれたら困るんだけど」と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

ほとんど何かを聞かれるということはまずありません。

それほど農家は共済に入りたいなんて思っておらず、聞きたいこともそもそもないからです。

もしも、何か聞いてくる農家がいた場合は、「間違ったことをお伝えしてはいけないので、しっかり調べてお答えさせてください」と答えておけば大丈夫です(これについては初級編②で詳細説明しています)。

そして、再訪問できることを幸運に思いましょう!

こういうところが契約に繋がる種まきになってきます。

また、全戸訪問時に注意すべきことがあります。

それは「経験年数が一年目でも、自ら一年目だとわざわざ言わないようにすること」です。

なぜなら、何も知らない・知識がないと思われると今後相手にされない可能性があるからです。

ですので、自ら明言する必要はありません。

ただし、嘘はいけないので聞かれたときは正直に答えましょう。

それでも何も知らないということだけは口が裂けても言わないようにしたほうがベターです。

あなたも経験がありませんか?
お店に商品を買いに行ったとき、商品説明を求めるなら何も知らないような店員より、知識が豊富そうな店員に聞きたくなりませんか?それと同じです(新卒新人の場合は正直に答えてください)。

尚、知ったかぶりはNGです!が、知っているようにふるまうテクニックは重要です。

そして、「訪問時は名刺と合わせてポケットティッシュを必ず渡す」ようにしてください。

貰って嫌がる人はいないので必ず渡すようにしましょう。

さらに「全戸訪問と合わせて、全戸ポスティング」もしましょう。

ポスティングには、一押しのチラシ・ポケットティッシュ・名刺の3点セットです。

担当地域には訪問先が数百件とあるはずなので、全戸訪問・全戸ポスティングには相当な時間がかかると思います。

それでも慣れる練習にもなる上に、契約に繋がる種を見つけることもできるので必須だと思います。

全戸訪問はすぐに成果が出ないのでつらいですが、動かなければ始まりません。

全戸訪問時の心がけ
推進や営業と思うと、なかなか進捗は見込めないので、空いた時間にポケットティッシュを配るバイトをしているくらいの感覚でいたほうが無難です。それくらい、その場で話が進展する確率は低いからです。期待を持たないようにしましょう。
ただ、この種まきは効果があるからしているというのは忘れてはいけません。
本当に推進したい要件ができたときに非常に訪問しやすくなります。
また、農家側も営業されずに帰ったという意識が残っているので、比較的訪問しても受け入れてくれるようになります。

ポケットティッシュが一番の必携

ポケットティッシュが一番の必携

さきほどポケットティッシュの話を少ししましたが、相手と信頼関係ができるまでは何度訪問しても必ず会うたびに手渡すようにしましょう。

また、信頼関係ができた相手でも久しぶりの訪問の際は渡すようにしましょう。

ポケットティッシュは一番重要と言っても良いくらいの必需品です。

他は持っていなくてもOKと言っても良いかもしれません。

ポケットティッシュを手渡すことで、心理的な距離だけでなく、物理的な距離も近づくので次の話に進みやすくなるからです。

また、ポケットティッシュがあれば、インターホン越しに断られそうな時も「お渡ししたい物があるので」と言うこともできるので、訪問の空振りを防ぐ効果もあります。

尚、ポケットティッシュじゃなくても日用使いができるノベルティなら基本的にOKです。

もしも、支店に配布できるものがなければ、共済部もしくは共済連に言えば必ずもらえるので、ない場合は絶対に連絡していただいておきましょう。

武士の武器が刀なら、LAの武器はポケットティッシュです。名刺は武器ではありません!農家にすれば名刺はゴミです。

玄関先で人知れず頭を下げる(おまけ)

玄関先で人知れず頭を下げる(おまけ)

おまけという扱いで紹介しますが、意外と有効です。

訪問先の家から出て、向こうが家の扉を閉めた後に、誰も見ていませんがもう一度お辞儀をします。

誰も見ていないと言いましたが、見ている人は見ています。

正直、すりガラスの玄関の場合は最高です。

見てもらえる可能性があるからです。

また、隣家の家の人が見ている場合もあります。

どちらにしても、これで契約がとれるようなことはありませんが、礼儀を重んじる丁寧な人と思ってもらえることが狙いです。

バイクで推進中に、すれ違った人に頭を下げるのも大切。どこでどんなタイミングで見られているか分かりません。それならば見られていると思ってプラスに利用したほうが得ですね。

共済の契約が取れない農協職員(LA)必見!【初級編①】まとめ

共済の契約が取れない農協職員(LA)必見!【初級編①】まとめ

いかがだったでしょうか?

こういってはなんですが、一撃必殺や一発逆転のような方法はありません。

地道にコツコツと積み重ねていくことが重要です。

また、どの方法も実際に私が行っていたことではありますが、100%契約が取れる保障をするものではないので、ご了承ください。

是非参考にしてみてください!!

共済の契約が取れない農協職員(LA)必見!【初級編②】
共済の契約が取れない農協職員(LA)必見!【初級編②】

こんにちは、元農協職員の鈴木です。 LA経験3年の間に県表彰を受賞しています。 「共済の契約が取れない!推進の方法などに ...

共済の契約が取れない農協職員(LA)必見!【中級編】

こんにちは、元農協職員の鈴木です。 LA経験3年の間に県表彰を受賞しています。 「共済の契約が取れない!推進の方法などに ...

-農協職員の悩み

Copyright© 農協辞めたら人生変わったwww , 2020 All Rights Reserved.