農協職員の悩み

人生で後悔しない選択をしたいなら合理性を優先する【もう迷わない】

2019年8月4日

人生で後悔しない選択をしたいなら合理性を優先する【もう迷わない】

こんにちは、鈴木です。

過去に、選択を誤ったせいで後悔の日々をおくりました。

ただ、そのおかげで後悔しない選択をする方法を見つけたと思っています。

どっちを選択すれば良いの?後悔したくない人生を生きたい。

そんな方は参考になると思います。

人生で後悔しない選択をしたいなら合理性を優先する

人生で後悔しない選択をしたいなら合理性を優先する

はじめに結論です。タイトルの通りで、「後悔しない選択をしたいなら合理性を優先すればOK」です。

ただ、これだけだと不親切かもですので、詳しく解説します。

人生で後悔しない選択になぜ合理性を優先すべきなのか?

人生で後悔しない選択になぜ合理性を優先すべきなのか?

その理由は、下記です。

  • 価値観は変わる
  • 状況も変わる
  • 合理性は変わらない

一つずつ見ていきましょう。

価値観は変わる

いきなり衝撃かもですが、価値観は変わりますね。なので、自分の気持ちを優先したり、その瞬間の考え方を優先しても、ぶっちゃけ後で気が変わります。100%変わります。

変わったらどうなるか…、後悔する可能性は大ですね。

状況も変わる

価値観と同様で、状況も変わりますね。状況が変わるということは、選択したときとは違う環境に置かれているということ。

その結果、考え方が変わるので…、選択に後悔する可能性アリですね。

合理性は変わらない

ここからが本題です。

合理性は変わりません。たぶん、革命でも起きない限り変わらないと思いますよ。

なので、後悔しない選択は合理性を優先すればOKです。

尚、「合理性とは=無駄のないもの」ですね。

次に合理性の判断方法を見ていきましょう。

どうやって合理性を判断するのか?

どうやって合理性を判断するのか?

「客観的事実を把握すること」です。

難しく言い過ぎたかもですが、要するに、自分に有利な事実を勝手に作らないということです。

どうしても自分の置かれた状況や価値観が、事実を捻じ曲げます。たぶん、これは仕方がないことですね。完全に無意識です。なので、自分は事実を捻じ曲げる存在だと認識することが重要です。

これが、客観的事実把握への一歩であり、全てですね。

自分は事実を捻じ曲げると認識しつつ、思いつく事実やメリットデメリットをたんたんと並べてきましょう。絞っても出てこないくらい出せると尚良しです。

一番良いのは自分を他人だと思ってやることですが、これは正直難易度が高すぎます。ちなみに、僕にはまだ無理です。まだまだ主観の世界で生きています。

客観的事実が見えると、合理性のある選択肢がわかるはずです。

尚、その選択に多少の納得がいかない場合があるかもですが、それでOKだと思っています。なぜなら、価値観も状況も変わるからですね。

最終的には合理性で選んで正解だったと思うはず。

人生で後悔しない選択にNGなもの

人生で後悔しない選択にNGなもの

一方で、後悔しない選択にNGなものが下記で、注意が必要です。

  • 感情
  • 他人のアドバイス

一つずつ解説します。

感情

さっき挙げた通りで、価値観は変わるからですね。冷酷な感じに思われるかもですが、事実だと思います。

尚、「挑戦したいことがある」「絶対にやりたくないことがある」これらは感情でしょ?という人がいますが、「本当にやりたいこと」「本当にやりたくないこと」なら迷わないので、選択どうこうの話じゃないと思っています。その場合は、選択に迷うのではなく、きっとどうすれば良いかと試行錯誤する感じですね。

なので、挑戦したいけど、後悔したらっていう時点でアウトかもです。気分を悪くされたらすみません。

ただ、そうは言っても感情を優先しがちな選択をするのが、人間の性かもです。なので、選択に感情を入れるなら、後悔する可能性があると思い、保険をかけておくと良いですね。

例えば、下記です。

  • 会社を辞めて起業したいけど、迷う
    →まずは副業から始める
  • 会社を辞めたい
    →いきなり辞めずに、まずは転職先を決める

上記のとおりです。

自分に保険をかけておきましょう。

他人のアドバイス

さらに冷たい人間に思われるかもですが、他人のアドバイスは意味なしです。

というのも、「感情」と同じ感じだからですね。要するに、「他人のアドバイス=他人の感情」です。

人は自分の経験(価値観)をもとに、人にアドバイスします。

自分はこうだったから、君もこうだ。昔はこうだったから、こうしよう。

上記の感じです。

先ほど述べたように、状況は変わります。

尚、他人のアドバイスに意味なしとは言いましたが、聞く耳は持っていた方が良いですよ。なので、他人のアドバイスは参考程度に留めておくのがベターです。

過去の僕の失敗

過去の僕の失敗

農協を辞めたくて仕方ありませんでした。10年思い続けたので、この気持ちは本物だと思って辞めました。そして、転職先を決めずに辞めたのでニートになりました。

清々しかったのはひと月くらいで、あとは後悔の日々でした。尚、辞めたことを後悔したわけではないですよ。とりあえず辞めて無職になったことを後悔しました。

無職になると状況も価値観も変わりました。経験は想像に勝るということですね。

ということで、サクッと書きましたがこれが本記事の結論を出すに至った実体験です。

当時、合理性を優先させて選択していたなら、まず間違いなく転職先を決めてから退職していたと思います。

まとめ:人生で後悔しない選択には「合理性」

まとめ

人生で後悔しない選択には「合理性」を優先させましょう。

そして、そのためには「客観的事実の把握」をどれだけできるかが鍵を握っています。

尚、今回は後悔しない選択という内容のため、選択に合理性を選ぶと話しましたが、自己成長を目指すなら最も苦労しそうな道を選ぶべきですね。というのも、僕は人生に絶望は必要だと考えています。

なぜなら、圧倒的に成長できるからです。苦労する道を選べば、絶望と出会える確率は大です。

すみません。話がそれました。

ということで、あなたが後悔のない選択をできればと思っています。

-農協職員の悩み

Copyright© 農協辞めたら人生変わったwww , 2020 All Rights Reserved.