農協職員の転職

【事実】農協の給料は安い!平均年収に届かないから僕は転職した。

2018年11月22日

【事実】農協の給料は安い!平均年収に届かないから僕は転職した。

こんにちは、元農協職員の鈴木です。

農協の給料が安すぎたので転職しました。現在はホワイト企業でのんびり生きてます。

「農協の給料は安い!!!」

農協に勤めていない人でも知っているくらい有名な話ですね。

そして、これは事実です。繰り返しますが、実際、僕は10年農協に勤めましたが、本当に給料が安かったですね。

今日は、農協の安い給料について語ります。

農協の給料は安い!「年収の目安と比較」

農協の給料は安い!「年収の目安と比較」

農協の給料が安いとはよく言いますが、どれくらい安いのか考えたことはありますか?

実は、農協の年収は「年齢×10万円」と言われています。

35歳なら年収350万円ですね。ただ、これは普通に昇進・昇給した場合なので、もっと低い可能性も十分あります。

これだけ聞くと、50歳で年収500万円かと思われがちですが、45歳を過ぎるころに伸びがなくなります。

伸びがなくなるというのは、年収が年齢×10万円には届かなくなるということです。

年齢 農協の給料(年収) 一般的な給料(年収)
25歳 250万円 310万円
30歳 300万円 420万円
40歳 400万円 560万円
50歳 450万円 670万円
60歳 430万円 650万円

普通に給料をくれる会社と比較すると農協の給料がいかに安いかが一目瞭然です。

農協の給料は安い!そのうえ、ノルマがある・・・。

農協の給料は安い!そのうえ、ノルマがある・・・。

給料が安いといっても、これだけもらえたらなんとか生きていけるから大丈夫かもしれないと思いがちですが、忘れてはならないことがあります。

それは「ノルマの自爆」です。

給料が安いだけなら、まだ耐えることができるかもしれませんが、農協は安い給料に加えてノルマが重くのしかかります。

そして、そのノルマの多くは自爆で達成されるため、さらにお金がなくなります。

手取りが16万円のときに、10万円自爆したことがあります。これで完全に退職の決心がつきましたね。今さらながら、異常ですね。

なぜ農協の給料は安いのか??

なぜ農協の給料は安いのか??

農協の給料が安い大きな理由は2つあります。

  1. 農家のための組織だから
  2. 農協が衰退しているから

1つずつ解説していきます。

農協の給料が安いのは、農家のための組織だから

農協の正規な名称は、農業協同組合です。もともと農家が集まり、農家のために作られた組織です。

ここへんは農協の認証試験で勉強するやつです。ちなみに僕は上級まで持っています。辞めたのでもう関係ないですが・・・。

少し脱線します。
農協を辞めたからこそ思うのですが、認証試験のように農協内部だけでしか通用しない資格を持っていても仕方がありません。たしかに昇給するには認証試験は必要ですが、社会で使える資格取得のために勉強すべきだと感じますよ。

農家のために作られた組織であるのに、農家よりも高給取りでは農家が納得しないと思いませんか?

簡単な理由ですが、これが事実です。

ですが、もう少し掘り下げて説明していくと、そもそも農業自体が儲からなくなっています。

ということは、お金を持っていない顧客がメインターゲットとなっている農協は稼げる金額が少ないということです。

農協自体の稼ぎが少ないので、給料が安いのは当然ということです。

農協の給料が安いのは、組織が衰退しているから

前述したように、農業自体があまり儲からない時代になっています。

そのため、

  • 離農や後継者不足による農家数の減少
  • 農協を利用しない農家の増加

などを背景に農協は衰退・弱体の一途を辿っています。

その証拠に、この15年の間に統廃合などで300近い農協が無くなっています。

農協の給料が安いのは、組織が衰退しているため

【出典: https://org.ja-group.jp/find/transition:JA数の推移】

右肩下がりの組織では給料が安いのも当然です。農業全盛期の頃は農協の給料も安くはありませんでした。

それこそ年配の農協OBからは「お札が立つくらいボーナスがあった」という話を聞きました。ボーナスが札束だったよ、という例えですね。

ですが、それをピークにどんどん給料は安くなり、今は「農協=給料安い」の相関図ができあがっています。

そして、その減少傾向は今後さらに加速すると予想されています。

「農協に将来性はあるのか??」

農協の給料は安い!あなたはどうする??

農協の給料は安い!あなたはどうする??

農協の給料が安いと感じているあなたはどうしますか?

たしかに、そのまま何も考えないように目を瞑って仕事をし続けるというのもアリでしょう。

しかし、本当にそれでいいんですか?

世の中にはお金を稼ぐ方法はいくらでもあります。

副業という手も、転職という道もありますよ。

農協の給料は安いから副業をする

「農協は副業がOK」とされています。

そのため、アルバイトでお金を稼ぐことができます。

私は農協時代、給料があまりに安い上に自爆もあったので、アルバイトを経験しています。

  • 引っ越し
  • 日雇い作業
  • 農業

など、休みの日を利用して生活の足しにしていました。

尚、注意です!
どこかに雇われる副業は禁止されている場合があるので就業規則で確認しましょう。また、夜のお店などもばれたときに面倒事になる可能性があるので控えた方がベターです。

また他にも、株やFXという投資にも手を出しました。

投資は今でもやっています。経験していて損はないですね。たぶん一生続けると思います。

「忙しい農協職員が取り組める副業はこれだ!」

農協の給料は安いから転職をする

給料が安いから転職する。これって実はものすごく普通のことです。

「どこも給料は安いから転職はやめた方が・・・」などと言いますが、そんなことはありません。

前述のように、一般的な給料と比較すると農協の給料はとても安いです。そのうえ、ノルマの自爆をさせられるので、さらにお金がありまえん。

キレイごとは抜きにして、仕事はお金を稼ぐためにしています。「働いてもお金がない」なんて話はあってはならないのです。

実際、僕は農協の給料が安すぎたので転職しました。

また、総務省の調べでは年間転職者数は300万人以上と言われており、もう転職は当たり前の時代にもなっています(アメリカでは、転職は当然のことで10以上の仕事を経験することが一般的とされているという驚きの情報もあります)。

農協は給料が安い!だから私は転職した。まとめ

農協は給料が安い!だから私は転職した。まとめ

少し厳しい良い方かもしれませんが、農協は給料が安いと嘆いているだけでは何も解決しません

無責任に転職をすすめるわけではありませんが、僕は農協を転職したことで、安い給料からランクアップすることができました。

ただ、転職活動をするにしても、闇雲な活動は消耗するだけです。きちん転職サイトを利用して賢く活動しましょう。

在職中に企業リサーチをして、希望企業が見つかったら本格的に動くというスタイルが正攻法です。ですので、転職先を決めずに農協を辞めるのはNGです。

僕は先に農協を辞めたので、苦労したことがたくさんあります。僕と同じ苦労をする必要はありません。

当初ハローワークで転職活動をしていましたが、うまくいきませんでした。

転職サイトに救われたと言っても過言ではありません。

農協の給料が安い!生活できない…【平均年収にも届かないという事実】
農協の給料が安い!生活できない…【平均年収にも届かないという事実】

こんにちは、元農協職員の鈴木です。 現在は大手ホワイトで、穏やかに暮らすことができています。 農協の給料が安くて、生活が ...

-農協職員の転職

Copyright© 農協辞めたら人生変わったwww , 2020 All Rights Reserved.